天下りできればいいよな

文科省の役人が早稲田大学に天下りしたとして問題になってます

役所ぐるみというか、文科省が自ら天下り先を斡旋したというんです

事務次官ということだし、相当な偉いさんなんだろうけど

これってやっぱりよくないですよね

本来できるパターンというのは、その人を企業なり大学が雇うことによってパイプが出来利益が出るためですよね

それくらい本人い力が無かったら出来ないものなんですよね

役人として長い間頑張ってきたんだろうし、正直退職後も何カ所か天下りをしながら稼ぎたかったのでしょう

それが普通の役人の考えですからね

それが出来るようになるまで子供のころから頑張ったのは分かるけれど

どう考えても役所ぐるみというのは良くないですね

今回は文科省、でも他の省庁でもきっと当たり前の事なのでしょう

もっと追及すべきですね!

ここの院長はちょっと変わっているんです

小樽に生まれ北大に行っていったん就職したのに一念発起で歯医者さんになったんです

何が彼をそうさせたのか?

やっぱり歯に対する思い入れがあったんでしょう

その思い入れが今札幌市で開花しているんです

小泉歯科医院は札幌市手稲にあるのですが、矯正から歯周病までとストライクゾーンは広い

やっぱり院長の思いなのでしょう

手稲 歯科で検索すれば彼の心が見えます

IR法案が成立

今日の未明に成立したIR法案、やっぱり数の力でしょうか

総合リゾート施設付きカジノ、一体どうなんでしょうね

シンガポールのように、外国人の入場は無料で日本人ならば有料とするのでしょうか?

それで雇用が増え経済効果があるのならば私は反対しませんけどね

ギャンブル依存症が問題になっているけれど、なる人はなるとしか思えないでしょう

パチンコだって消費者金融にまで手を出して遊ぶ人もいる訳だし

そういう人には何を言っても無駄なんです

依存症よりも問題になるのはやっぱり風紀的なものでしょうか

それに当然甘い汁があるところには闇の組織が暗躍するでしょう

そういう人達をどう取締、どう排除していくかですよね

カジノが出来るとするならば日本国内にどれくらいできるのか

1ヶ所だけになるのかそれとも2~3ヶ所になるのか

まだまだ推進するという案でしかないけれど、良い方に転んだらいいですけどね

おそらく私はカジノには行くことはないでしょうねw

低金利状態が長く続いています

こんな時に考えるのはいかにしてお金を産む算段を得るかでしょう

誰もが考えるのが不動産投資、毎月の賃料を得て人生設計を楽にしたいと思うものです

かといって失敗ということが大きな問題、ここはいかに安全に儲けられるかということが大事ですよね

今の仕事をしながらそんなことをする時間はないという人が大半

そんな時に役に立つのがこれまで3千人以上もアドバイスし成功させている不動産投資 相談でしょう

アセットビルドという会社なのですが、元は建築士なんですね

内情を知っているからこそできるアドバイス、正直これはお得だと思います

ミーツでお気に入りの居酒屋見つけた!!

最近飲み会の幹事にされることが多くて…まあそれはそれでいいんですがもう行く店が無くなりつつあります…。
食べログやぐるなび、ホットペッパーあたりももう見飽きてしまい、何か他のグルメサイトはないかと思っていたところ「ミーツ」というグルメサイトを発見しました。
ミーツは確かにマイナーなグルメサイトなんですが、よくあるグルメサイトとは違って大箱店やチェーン店はまず載っていません。
大型店・チェーン店はもう飽き飽きだったので、ミーツのお店のラインナップはかなり新鮮に感じました。
それとミーツのサイトはほとんど動画サイトなのでお店紹介の番組を見ている感覚でなので「行きたいお店」がすぐに見つかるような気がします。
そもそも飲み会用のお店も参加者のほとんどがこじんまり系のお店が好きなので、ミーツでのお店探しが一番有効な見つけ方かもしれません。
これから忘年会・新年会シーズンでこじんまり系のちょっといいお店はすぐにいっぱいになってしまいそうなので、早めにミーツで何軒かピックアップしておこうと思いいます。
何だかんだ言ってまた幹事をやる気でいたりします(笑)

結婚式といえば、動画制作に力を入れたいです

結婚式といえば、新郎新婦の生い立ちムービーや、なれそめムービーというのがスクリーンで流されます。
業者の人が作っているので本当にドラマチックで、見ていて感動します。
最近は、新郎新婦本人たちが、自分たちでそういった動画を作ることがあります。
パソコンで動画制作のソフトが最近は種類豊富に出ているので、自分が作りたいなぁと思うような機能が備わったソフトを選ぶといいです。
動画制作のソフトの中には、もともとパソコンに入っている無料のソフトもあります。
もちろん、ソフトを使って自分たちで作る自信のない人は、業者を選んで依頼するととても楽ちんだし、めちゃくちゃカッコイイムービーになることは間違いありません。
また、余興で友人たちがサプライズでお祝いのムービーを作って、上映してもらうというのも多いですね。
実は私もやったことがあります。
新郎新婦には内緒で、友達や家族にも協力してもらって出演してもらいます。
出ている人が多ければ多いほど、喜んでくれるでしょうね。
私がすごいと思うのは、映画の映像を使って、吹替におもしろいセリフを吹き込んで作るものです。
ブラピが友人の結婚式を祝うような感じにもできてしまいます。
著作権が気になるところではありますが…動画制作って本当に楽しいです。

船橋の歯医者で歯石除去

いい加減、歯医者に行かなければいけないかなあ、とはいつも感じていた。
そう感じていたのは、歯が痛むからとか、グラグラするからとか、そういう意味ではなかった。
その理由は、口の形を「いー」としたときに見えてくる、歯にべったりこびりついた歯石や歯垢の存在であった。
歯石は歯の周りに白く固まっていて、爪楊枝とかフロスの尖った部分でいくら小突いても取れることがない、頑固な汚れである。
錠剤の入っているシートでなら少しくらい取れるけれど、歯によいとは到底思えない。
そんなわけで、私は船橋の歯医者に足を運んで、プロに歯石を取ってもらうことにしたのである。
さすがプロとあって、ものの数十分で私の歯にくっついていた歯石はきれいさっぱりなくなっていた。
問題は、これから先にどのようにしてこのきれいな歯を守っていくかということであり、とりあえずは夜に一回だけしかやっていなかった歯みがきを、一日に二回にすることにして、様子を見てみたいと思った。
歯石がなくなっただけで、歯を舌でなぞった舌触りも全然違うから不思議なものである。